リッティベア 企画作品展『俺の造形展』に出品します!

こんにちは。前回のブログから少し時間が経ちました。
いつもマーガレットベアの作品をイベント会場やWebでご覧に頂き感謝致します。
今年ももうすぐ半分の時間が過ぎようとしています。
ボーーっとしたい時もありますが。。(^-^)
おかげさまで今年もたくさんの出展機会を頂いており、
日々の制作そして出展などで慌ただしく楽しく過ごさせて頂いております。
ありがとうございます。

さて、次のイベントのご案内です。
6/8(水)から大阪で開催される作品展に参加させて頂きます。
いつも出品させて頂いていますリッティベアさんの企画作品展、
今回のタイトルは『俺の造形展』です。

☆タイトルについて。
『俺の--』といっても、私(作家)の、ではないんです(^-^)
『俺』とは、リッティベアのオーナーさん(男性)のことで、
リッティベアさんが選んだ作家たちによる造形作品展です。
『造形』となっているのは、テディベアだけでなく、自由に発想して、
自由に造形して、というような思いが込められているそうです。

☆作品について。
そんな自由なテーマの中で、私はというと、、、

熊です!(作品タイトルはシンプルに、“ブラウンベア” です。)

これまでのリッティベアさんの企画展では出したことがなかった“熊”にしました。
いえ、厳密には革のベア(下の写真)は出したことがありますが、、(^-^)

↑ これまでのリッティベア企画展の出品作です。
 上→下左順に
 ・レッサーパンダ (2014/10)
 ・パンダ (2015/3)
 ・本革ベア (2015/6)
 ・ヨーダベア (2015/10)
 ・プレーリードッグ (2016/2)
です。
…こうやってみると、いろいろ造形してますね(^-^)b

こんな感じで、いわゆる“熊”はないと自分では思ったので、
あらためて熊というものを造形してみました。
ということで、今回の作品はこちらです。少し作品のご説明をしますね。

    

普通にテディベアを作るのも、完全リアル系にするのも、なんだか今回の
自分の心に落ちてこなかったので、発想をちょっと変えて、
「ぬいぐるみっぽく、かつリアルっぽく、を両方出せるよう工夫する」
というところを目指しました。

アルパカの、無染色の自然で優しい色の柔らかい生地を使用しています。
大きさは全長約33cm、座高約25cm。
重さは623g
です。ちょっと重めでほどよい存在感があります。

今回特に力を入れたのは、まず表情です。
何を言っているでしょうか?何かを感じて頂けたらいいなと思います。
そして、手のひら、足の裏。“動き”と“触感”にこだわりました。
手首、足首にはジョイントが入っており、回して向きを変えることができます。
また爪は麻素材に硬さを出したもの、肉球は形やプニプニ感を出すために、
これまでとは違う作り方を研究してみました。
実際の熊の肉球には触る機会がないと思いますが、この作品の方は触って頂けますので、
良かったら会場で触ってみて下さい。
あ!しっぽもちゃんと付いています♪

いろいろと作家なりにこだわりはあるのですが(^-^)
見て頂いて、抱っこして触って頂いて、雰囲気を感じて頂けるとありがたいです。

大阪近郊の方はぜひ会場に足をお運び頂ければと思います。
今回は50名を超える作家さんが出品されていますし、“造形”ということで
皆さんとても力を入れておられるだろうと思いますので、見ごたえがあると思います。
私は今回会場には伺えませんが、ギャラリー展示後のネット展示で皆さんの作品を
拝見できるのを楽しみにしています。

詳細は下記の通りです。
これまでと同様に、ギャラリー展示ののち、リッティベアホームページで展示、
購入応募ができます。

<展示概要>
リッティベア 企画作品展 『俺の造形展』
日程:2016年 6/8(水)〜12(日) (作品出品のみ 在廊なし)
場所:大阪・黒崎町 ギャラリー siroiro. /シロイロ (アクセス)
入場無料
※上記展示後、6/13(月)〜26(日)にリッティベアホームページで画像展示・購入応募受付。
 1作品に対し2名以上の応募があった場合は抽選販売となります。
 抽選発表:6/29(水)11〜18時 リッティベアより当選の方に直接ご連絡されます。

どうぞ楽しんでくださいね!
Check



キーワードで検索

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

プロフィール

書いた記事数:266 最後に更新した日:2017/03/04

 マーガレットベアが
「ドールハウス作家事典」に
 掲載されています!


ドールハウス作家事典2014