お久しぶりです!

いかがお過ごしでしょうか。

最近はイベント出展を少しだけ減らし、制作の時間を取っています。これから夏に向けてイベントも増えていくので、近々作品をお披露目できると思います。

今回は黄色いベアを作りました。
しばらく作品に使っていなかった色なので新鮮です。黄色やゴールドなど、昔ながらのテディベアのような色にとても魅かれます。懐かしさを感じるいい色♪アンティーク調ウールのゴワゴワ感も楽しい触り心地です(^_^)





Check


2014年大晦日、2体完成しました☆


2015年もたくさん作ります!
皆さまどうぞ良いお年をお迎え下さい。
Check

今日はミニチュア貼り箱作り!



今日は小さな貼り箱を作りました。
貼り箱とは、厚紙箱の表面に紙を貼って作る化粧箱です。

箱の設計から、切り出し、紙貼り、、いちばん時間を費やしたのは設計。自分の考える寸法で、紙の厚みを考慮しながらフタと箱を合わせるのが意外と困難でした。何度も修正し切り出して、カッターさばきに慣れてきた頃に、作業は終わりました(^_^)

最終的に、きれいにでき上がりました。
これに小さなクリスマスプレゼントを入れて、テディベアイベントに出品します☆
Check

完成!レッサーパンダ☆

今年2作目のレッサーパンダができました!
体長は尾を除いて約25cm。今年初めに作った実物大作品の約半分の大きさで、ちょうど子猫を抱っこしているような感じです。


リアルさを目指した前作のように細かな構造にしたら、工程の多さと、パーツが小さく繊細なこと(*_*)で、制作時間は前作とほぼ同じに。。細かい作業の連続に何日も集中するのは大変だったので、完成直後は大きな疲労感に包まれましたが(笑)、無事に作品を送り出し、ホッとしています(^_^)

この作品は10月上旬、大阪の作品展で展示させて頂きます。詳しくはまた後日ご案内いたします。開催が楽しみです♪
Check

完成☆テディベアの指人形


テディベア形の指人形。初めて作ってみました。
なかなか良い感じです♪
これからいろんな色や素材で作ってみようと思います(^-^)/
Check

フェリシモ『ハッピートイズプロジェクト』に作品が掲載されています!

先日ウマのぬいぐるみを作って参加した、フェリシモの『ハッピートイズプロジェクト』。サイトのギャラリーに作品が掲載されました。UPされて間もないので、トップページにも出ています。赤い背景の写真、よかったら探してみて下さい♪(^_^)/

http://info.felissimo.co.jp/toys/gallery/index.html (ギャラリーページ)
http://info.felissimo.co.jp/toys/?iid=p_ct_120511_TOYS (トップページ)

Check

ウサギを制作中!

 こんにちは。
1ヶ月ぶりのブログです(^_^;)
もうちょっとたくさん書くようにしたいと思います。

今年も残り2ヶ月を切り、すっかり寒い季節になってしまいましたね。。
風邪が流行っているようですので、体を冷やさないようにお気をつけください!

現在、マーガレットベアでは、クリスマスシーズンの作品を作っています。
制作はあと少しで終わります。
作品はいくつかのデパートやショップに出させていただける予定です。
詳しくは近くこのブログやマーガレットベアのホームページでお知らせします。


さて、今日は現在制作している『ウサギ』たちをご紹介します。
今シーズンは、ミニチュアベアを中心に制作することが多かったのですが、
同時に、ずっと「作りたい!」と思っていたウサギの作品を作り始めました。
素材、大きさ、いろいろなウサギを作っていますので、どうぞご覧ください♪


◆ミニチュアウサギ

 こちらは、現在、楽天市場「逸品ショップ コレコレ」さんに置いていただいて
 いるもので、座った姿が耳を入れて高さ7cmの小さなウサギです。
 ミニチュア用の生地ではなく、大きなベアにも使われるモヘア生地を使い、
 素材感を大事に作りました。
 少し上向きの表情で、机やテーブルに座らせた時に、こっちを見てくれる感じです。
  
 逸品ショップ コレコレ に遊びに来てね!



◆ドワーフホト

 
以下のウサギはできたてのもの。まだどこにもお披露目していません(^_^)
 これらは『ドワーフホト』という種類のウサギをモデルに作りました。
 まるでお化粧をしたような、目の周りの黒い縁がこの種類の特徴。
 見れば見るほど魅力的で、どうしても作りたかったウサギです。
 いずれもクリスマスシーズン作品として、デパートで出品予定です。

●ふわふわのアルパカ生地で作りました。
 目はグラスアイ。目の周りは黒い刺繍糸で縁どりしています。
  

●こちらはミニチュア用のファブリックです。
 上の2つのウサギとほぼ同じデザインですが、素材によって雰囲気が変わりますね。
 目はオニキスビーズと黒い刺繍糸を使っています。 
  

●こちらは少し大きめのウサギ。ストレートモヘア生地のドワーフホト。
 自分で立つことができます。
 目はグラスアイに、周りは黒のアルパカ生地を使いました。
 



素材によって個性が変わるので、作っていて楽しいです(^_^)
これからもウサギを作りますので、ぜひ見に来てくださいね!!






Check

作品をご覧頂けるお店が増えました!

こんにちは。
9月に入り、台風12号が日本に近づいてきました。
広範囲に大雨を降らせる台風だそうです。
皆さまくれぐれもお気をつけくださいね。

さて、今日はひとつお知らせです。
この度、マーガレットベアの作品をご覧頂けるお店が増えました!
楽天市場のテディベア専門店、「逸品ショップ コレコレ」です!

ショップをご覧頂くとおわかりになると思いますが、
吉川照美さんをはじめとした、長くご活躍されている素晴らしい
テディベアアーティストの方々の作品が揃うオンラインショップです。

さらにシュタイフやメリーソートなどのテディベアも
取り扱っていて、たくさんのテディベアを楽しむことができます。

そんな素敵なショップで、「オリハラ店長推薦作品」とご紹介頂いています。
大変恐縮です(^_^) オリハラ店長さん、ありがとうございます!

今回、先月8月に作ったばかりの新しい作品7点を、こちらの
ショップ限定でご紹介しています。


展示会やマーガレットベアのオンラインショップ以外でも
作品をご覧頂ける場ができて、本当に本当に嬉しいです!
ぜひ「逸品ショップコレコレ」をご覧になってください(^_^)


 

 

 



Check

テディベアの「大きさ」

皆さまこんにちは。
今日はテディベアの「大きさ」について書きます。

テディベアはその大きさや形に、特に決まりがありません。
実物と同じように大きなものから指先よりも小さなものまで、大小さまざまな
テディベアが作られます。

作る人や作られる時期によって大きさや形、雰囲気が異なるところが、
まさにテディベアを楽しめる、大きな魅力です(^_^)

私は抱っこできるような大きなものから2cmほどの小さなものまで、いろいろな
大きさのテディベアを作ります。

これまで作った中で最も小さなテディベアは1.4cmくらいです。
 ( ↓ 小さい方の2体です)


作り方はこんな感じです。
布を切って⇒縫って⇒裏返し⇒綿を詰めて⇒胴体と頭や手足をつなぐ、
⇒耳を付け⇒鼻と口を刺繍⇒目を付けて⇒完成。

テディベアを作ったことがある方はおわかりでしょう。
そう、大きなテディベアとほとんど同じです。

ただ、一つ一つの工程が細かいです、ひたすらに。。
まず、パーツが指に埋もれます(^_^;)
さすがにこのサイズは作るのが少し大変で、あまり頻繁には作りません(^_^)


現在、私は主に10〜30cmくらいのテディベアを作っていますが、今後はもっと
小さな「ミニチュアベア」も作りたいと思っています。

例えばこんなチアリーダーベア\(^O^)/ 大きさはそれぞれ2.5cmほどです。


これはかつて日本テディベア協会のコンテストに出品したものです。
2010年7月のテディベアコンベンションでは、参考作品として展示しました。
その小ささと数の多さで、皆さまの目に触れる機会が多かったように思います。


テディベアは、大きさによって世界観が異なり、それぞれに趣があります。

大きいからこそ存在感があり、抱き心地良く身近に感じられるテディベアを
作ることができたり、小さいからこそ大きなテディベアにはない、可愛らしい
世界を作ることができたりします。

どちらもそれぞれに魅力がありますので、さまざま大きさの楽しい世界を
これからも表現したいと思っております。

このブログやマーガレットベアのホームページでも随時ご紹介しますので、
良かったら時々遊びにいらしてくださいませ。




Check

パンダ

皆さまこんにちは。
11月を迎え、日を追うごとに寒くなっていきますね。
寒いのは苦手、、テディベア作りにも厳しい季節を迎えます(>_<)
皆さまも体調を崩されないように、どうぞご自愛くださいませ。


さて今回は、マーガレットベアでも時々作っている“パンダ”について
書きたいと思います。

パンダを作ることは、私にとって、『永遠の課題』だと思っています。
なんて、大袈裟な、、(^_^)
でも、実は作るのがとっても難しい!!
と、個人的には思っています。

作る(縫う)こと、というよりは、デザインが難しいですね。。


ご存知の通り、パンダはとっても愛嬌があり、存在感のある動物です。

生きているパンダそのものこそが、“ぬいぐるみの完成形”、
とでも言いましょうか。

その姿かたちといい、表情といい、これ以上の出来のぬいぐるみ
(テディベア?)を見たことが、そして作ったことがありません。

動きが加わるとますます愛らしくて、どんなポーズもキュートですね♪
パンダが大好きな方の気持ちがよくわかります。
というか、私もパンダがとても大好きです♪♪

テディベア作品の中でパンダ作品だけを見てみるのも、本当にさまざまで
楽しいです。
皆さまも、ぜひいろいろな作家さんが作られるパンダを見てみてください。
個性が表れていて、とてもおもしろいと思います。


自分で作るパンダは、できれば本物のような可愛いらしさを出したい
と思っています。でも、作ってみると、なかなか難しいものです(>_<)

ただ、課題としては最高かもしれません。

パンダは、何度デザインしても、また、そのためにどれだけ実物の写真と
にらめっこしても、全く飽きることのない、素晴らしい課題だと思います。
おまけになんだかほのぼのしますし…♪

ということで(^_^)
そんな難しい課題ですが、これからもいろいろな大きさやデザインの
パンダを、楽しみながら作っていきたいと思います。

作ったらお披露目して参りますので、良かったらご意見お聞かせください\(^O^)/



   ↑ 今回はちっちゃなパンダ、作ってみました♪l
Check

1

キーワードで検索

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

プロフィール

書いた記事数:266 最後に更新した日:2017/03/04

 マーガレットベアが
「ドールハウス作家事典」に
 掲載されています!


ドールハウス作家事典2014